初心者のためのレンタルサーバーの選び方

ひとえにレンタルサーバーといっても、提供されているサービスや料金などはそれぞれで全く異なります。
これからSEOを始めようとしている方の中には、今までレンタルサーバーを借りた経験のないいわゆる"初心者"の方もいらっしゃるかと思いますので、ここでは、そんな初心者の方のためのサーバー選びのポイントについてまとめていきます。

【ポイントその1】目的にあったレンタルサーバーを選ぼう!

SEO対策のためにレンタルサーバーを借りる場合、自分の目的にあったサーバーを借りることが重要です。
例えば、CMS(コンテンツマネージメントシステム)を利用してサイトを作りたいのであればCMSが設置可能なサーバーを選ぶ必要がありますし、大量にサテライトサイトを作成したい!という場合にはマルチドメインサーバーを選択すれば1つのサーバーで複数のサテライトサイトを作ることができます。

初心者の方が初めてレンタルサーバーを借りる場合は、「サーバーを借りたはいいけど、やりたいことが実現できなかった…」とならないように、利用目的をハッキリとさせてからサーバーを選ぶことをオススメします。

【ポイントその2】困ったときの電話サポート

初心者の方は、いざサーバーを借りてもサーバーの利用方法や設定方法などが分からず、困ってしまう機会もあるかと思います。
そんな方にお勧めなのが、電話サポート対応のあるレンタルサーバーです。
分からないことがあった際に電話で直接やりとりしながら作業を進めることができるため、サーバー利用方法などに不安のある初心者の方は、電話サポートのあるサービスを選ぶとよいでしょう。

電話サポートのあるレンタルサーバーなら、以下がオススメです。
サーバー名 初期 月額 ドメイン HDD PHP
DataBase
試用 サポート 公式
ドメインキング
(Sプラン)
980円 315円
(1年契約)
無制限 10GB 利用可
(DB2個)
なし メール/電話
さくら
(ライトプラン)
1,000円 125円
(1年契約)
20 10GB PHP可 14日間 メール/電話
エックスサーバー
(X10プラン)
3,150円 1,050円
(1年契約)
無制限 200GB 利用可
(DB30個)
10日間 メール/電話
LHX 500円 1,416円
(6ヵ月契約)
無制限 120GB 利用可
(DB30個)
15日間 メール/電話

【ポイントその3】やっぱり気になるのは料金

なんといってもやっぱり、一番気になるのはサービスの料金ではないでしょうか。こればっかりは、初心者の方でなくとも気になる所ですね。
だからといって、「なんでもいいから一番安いレンタルサーバーを借りる!!」としてしまうと痛い目にあうかもしれません。
値段は安かったが、自分のやりたいことを実現するために必要なサービス(データベースなど)が提供されていなかった、ということもありえるためです。
値段の安さだけにとらわれず、値段と自分の求めているサービスの有無を天秤にかけて、自分のニーズにあったレンタルサーバーを選ぶことが大切です。



さて、3つのポイントについて書いてきましたが【ポイントその1】でも挙げたように、その人の利用目的によってレンタルサーバーに求めるものは違ってくるものです。
初心者の方も色々なサーバーを借りていくうちに、この機能だけは絶対にほしい!などの、自分だけのサーバー選びのポイントができてくるのではないでしょうか。